プロフィール

NO IMAGE

真坂かな:物書き・調理師・薬膳指導師
叶える暮らし、主催。
42年続いた和食店に生まれる。スペイン・香港・カナダ・ハワイ・京都綾部の古民家・台湾(台北・台東)など海外で10年暮らし、さまざまな考え方や食文化を経験。2018年より淡路島の古民家在住。近ごろ社会中心の考え方から暮らしの豊かさ中心へとシフトチェンジ。小さな仕事をいくつかつくって暮らしています。エコじゃなくエゴ。

こんにちは、真坂かなです。はじめまして。

このサイト「叶える暮らし」では、は、「やってみたい自由で豊かな暮らしを叶える」ための「思考法と実践」を発信しています。このページでは、私、真坂かなのことをお話ししたいと思います。

ところでこのプロフィール、じつは何度も書き直しました。

ついかっこいいことを書きたくなって、素敵な私をアピールしちゃったりしてました。

でも本当は、私は自分のことを「何もできない人」だと思っていて、でもそれがバレないようにできる女のフリをしたり、かっこいいふりをしたり。私自身が自分をつまらない人間だと思っている、ということに気づいたときには相当ショックでした。

でも、私になにか「価値」がないってダメなことなのかな?

ダメな私のままじゃ、どうしてダメなんだろう?価値がないと、世間の役に立たないと、人からすごいといわれないと、本当にダメなのかな?もっとがんばって成長して、もっと素敵になるための努力をしないと、なんて思ってきたけどいつになったらそれは「完成」するんだろう。

ところでうちには台湾生まれのフレンチブルドッグの師傅(シーフー)がいます。台湾から帰国する時に、一緒に日本にやってきました。師傅はとても氣をつかう性格だけれど、それでもとってもマイペース。欲しいものはとにかく欲しいと言ってみて、ダメといわれたらあきらめる。美味しいものは全部自分で食べちゃうし、一日中食べて寝て遊んで暮らしています。寒い時には「抱っこ抱っこ」とくっついてくるけれど、あったかい日は知らん顔。

師傅と一緒に暮らしていて、生き物の本質は「自分の心地良さ」なんだなぁと実感しました。ほかの人を幸せにすることや、周りの役に立つために頭を悩まさず、自分の気持ちよさをストイックに追及する。そしたら、勝手に回りが動いていく。

それでいいんだなぁ。

そのことに気づいてから、価値のない私、を受け入れるように意識しはじめました。

以前の私は、ビジネスで社会的に成功することを目指してきました。仕事で成功すれば、欲しいものが手に入り、普段の暮らしもうまくいく、そうすればきっと自分の足りないところも満たされるだろう、だから今は頑張ろう、成功するまで我慢しよう、長年そう思っていました。

でも、ずっとあせっていて、いつかきっといつかきっと、そう思い続けていました。

そして今、やっぱり変わらず何もない自分だけれど、とても穏やかに暮らしを楽しんでいます。価値がなくたっていい。価値を作るために必死になるのをやめて、なにかやってるふりをやめて、暮らし周りのことから自分のために変えていこう。

遠回りのように思えても、叶えたい暮らしを今叶える。それが大きな変化に繋がりました。今では、五感に心地いい道具や服、体に美味しい料理、手間をかけて楽をする、自分のためののんびりした時間、パートナーとの関係、その大切さを実感できるようになりました。

すると、「やらなきゃ」が消えて「やりたい」が見え始めました。「やったほうがいい」から「やりたい」に変わったら、楽しく刺激的でしかものんびりした豊かな暮らしができるようになってきました。

季節ごとに腕まくりして調味料を仕込む時間、夢のような香りに包まれる梅仕事、鳥の声をききながらの庭の草抜き、縁側での師傅との日向ぼっこ、暑い日には海に飛び込み、家族で味わうシンプルな料理と美味しいお酒、満天の星空の下の散歩。そして何よりも、時間や予定にしばられない自由。

私の中のお金への偏見と向き合ってからは、ビジネスそのものも変化しました。自分たちの暮らしを叶えるために、欲しいものを商品化したり、発信したりするようになってきました。

季節の手間仕事をする日もあります。干し柿、梅干し、梅シロップ、味噌、魚醤、塩麹、豆板醤、山椒、、、。どっさり仕込んではにんまり。

出かけたくなったら、キャンピングカーに着替えと調味料を積み込んで、ふたりと一匹で出発です。

暮らしって、毎日毎日繰り返されます。買ってきて作って食べて洗って、片づけて並べてまた使って。掃除だって、毎日ホコリがたまります。お布団も、そう。敷いては布団干しにかけ、また敷いて干して。

その中に、ビジネスや人付き合いが刺激を添えてくれます。

それが暮らし。

いつかうまくいったら、ではなく、今この時の暮らしを味わうことの大切さに気づけてよかったと毎日感じています。

私の経験が、あなたのお役に立てたら幸いです。
ここまで読んでくださって、ありがとう。

いつかあなたにお逢いして、あなたのお話を聞かせてください。

NO IMAGE

スロウな暮らしメルマガ

のんびり豊かでがんばらない。スロウな暮らしをメルマガに

ときどき配信お楽しみに!