暮らしの学び?

「暮らしの学び」では、心地よく続く暮らしの学びをお届けします。

目次

暮らしの学びが考える、暮らしと食のこと

日々の忙しさや、たくさんの情報はちょっとお休みして、少しだけ自分と向き合う。その時間は、食事や呼吸や表情に小さな変化としてあらわれてきます。

毎日のごはんから、添加物や保存料を減らす。すると体が軽くなり、心も軽くなります。

毎日の暮らしをすこしだけ自分軸で見つめてみる。気づかないうちに無理していたことや、自分にむいていなかったことが浮き上がってきます。

丁寧に、時間をかけることだけが正解じゃない。

手抜きだって暮らしを上質にする知恵。

手を抜くことで、シンプルになっていくこともたくさんあります。

頑張って無理して心が疲れてしまわないように、知恵を使って上質な暮らしを手に入れる方法を探りませんか。

暮らしの学びは、ゆったりとのびやかに暮らすための小さなきっかけ。

やってみないと変わらない。でも、知るだけでもスイッチは切りかわる。

急がず、焦らず、少しずつのんびりと。

よい血がめぐる温かい体と、心をひらくおだやかな毎日を目指して、一緒に実践してみませんか?

おもなテーマはふたつです。

🌙旨味たっぷり無添加レシピ
🌙自然治癒力を高める食薬の知恵

食べることこそ、私たちの基本です。

私たちは生き物ですから、体が心地よければ心も心地よくなる。

一口食べて「美味しい!」と嬉しくなる食事は、特別なごちそう。

普段のごはんは「あぁ、美味しいなぁ」が一番いい。

野菜そのものの味より、うま味をひきだして。

調味料を組み合わせて、気分に合わせた料理を作り、気持ちよく、シンプルに旨味たっぷりに。

美味しいお酒も、お肉も、食べたい気持ちを信じて選べる体との関係性をつくるために、少し体のことを知ってみる。

そして何より大切なのは、軽いこと。

学んだことにしばられず、知ったことにとらわれず、調整しながら実践すること。

とても簡単、といえるように自分なりにカスタマイズして肩の力をぬいていきましょう。

管理人

はじめまして、暮らしの学び管理人の真坂かな(Masaka Kana)です。

うま味たっぷり無添加レシピ&自然治癒力を高める食薬の知恵を実践しながら発信しています。

かな

真坂かな|台湾帰りの薬膳家&無添加ジャンキー

海外10年、日本の古民家10年。2022年3月現在は、淡路島と国東半島の二拠点生活をしています。

食や暮らしにこだわりを持ちはじめたきっかけは、古民家暮らしでした。

そして気づけば、

こんなつらい症状がすっかりなくなっていました!

  • 生理痛
  • PMS(月経前症候群)
  • 低気圧頭痛
  • 乗り物酔い
  • むくみ
  • イライラしがちな性格

さらに、さらに、、、

  • 体温も1℃上がって36℃中ごろに!

カラダとの向き合い方は中医学(中国経験医学)から学びました。

中医学の面白さは、生理痛や頭痛といった体調不良を改善したら、体全体が快調になるところ。肌や髪や、はては性格までもが変わるのは、体の自然治癒力が高まるからです。

こんな私の学びと経験がもとになっています。

  • 上海中医藥大学日本校で学んだこと
  • 大阪の国際薬膳学院で学んだこと
  • 講師として生徒さんを教えて学んだこと
  • 台湾で会社を設立してから交流のあった数人の中医師から学んだこと
  • 台湾の大学の薬膳講座を受講して学んだこと
  • 食薬の知恵があふれる香港4年・台湾4年半の暮らしの中で学んだこと
  • 古民家暮らし10年以上
  • 野草を食べ、醤油味噌梅干し柿酢魚醤漬物塩麹酵素豆板醤もろもろ手作りしたこと

カラダに心地いい暮らしを選ぶと、エコに近づきました。

しかも勝手にサステナブル。Ego is Eco.

すべては日々の暮らしから。

一緒に、良い血がめぐるぽかぽかなボディで、心豊かな気持ちいぃ暮らしを目指しましょう!



シェアありがとう

この記事を書いた人

無添加ジャンキー|台湾帰りの薬膳家

10年の海外生活と古民家暮らしがきっかけで、自然治癒力を高める無添加ごはん&食薬に目覚める。酒好き肉食でも『きもちいぃ~カラダ』を目指すコツを発信中!

目次
閉じる