努力や頑張りをやめたら、望む暮らしが叶います

真坂かな
こんにちは!
楽しみながら暮らしを豊かなビジネスに変える 真坂かなです

今日は、努力や頑張りをやめたら、望む暮らしが叶う話をお伝えします。

具体的な方法もありますので、ぜひご覧ください!

暮らしをスローダウンすると変化が加速する

暮らしをスローダウンすると、成功できない、うまくいくわけがない、と考えがちです。でもじつは、スローダウンすれば、自分の想像を超えた面白い人生になります。

●こんな人が
・がんばっているのになぜかうまくいかない
・いつも忙しくて時間がないと感じている
・うまくいったらやりたいことがたくさんある
→こうなれる
遊んでいるのに、面白そうなことを追っかけているのに、なぜかうまくいく人になれる。

 

私自身、昔はこんな状況でした。

・忙しいばかりで何もうまくいかなかった
・成功したら全部解決できると思っていた

それが、こう変わりました。

・京都北部の古民家に暮らすようになって、自然のサイクルを感じるようになった
・がんばって急いでもしょうがない、なるようにしかならない、と考えるように
・目の前のことを楽しむ「努力」をしていたら、本当に目の前のことを楽しめるようになった
・すると、楽しむほど遊ぶほどビジネスが動くことが分かった

つまり、努力や頑張りをやめて、望む暮らしや感情を「今」充実させるといい

理由ですが、
潜在意識は「今」を現実化するからです。

どういうことかというと、

私たちは「今がんばってうまくいったあかつきには、たっぷり楽しもう」と考えます。

でも潜在意識は、「今がんばっている」という状態を継続しようとして「がんばる」という状態を維持する出来事を現実化する。

だから、がんばっているとずっと頑張る状態が続くようになっているんですね。

つまり、今スローダウンして、しかも豊かな心の状態でいることができれば、これからも「ゆったりしているのに豊か」という状態が続くように脳がはたらいてくれる。

でも、目の前のことが忙しすぎて、ゆっくりなんてできない、、、人のための具体的な方法

ここからは具体的な方法をお伝えします。

まずは、自分の望む「豊かさ」を定義する

豊かさの定義は実はひとそれぞれです。自分なりの定義を明確にしておかないと、環境や人の言葉に影響されて、知らないうちに不要なことに時間を使いすぎてしまいがちです。

具体的にいうと
・たくさん稼いでたくさんの物を所有することを「豊か」と思う人
・自分で野菜を育てる庭があることを「豊か」と思う人
・友達が多いことを「豊か」と思う人
・有名になることを「豊か」と思う人
・時間が自由になることを「豊か」と思う人

→どれが良くてどれが悪いということはなく、自分なりの「豊かさ」をあらためて定義することで、取捨選択ができるようになります。

大事なことは、

想像力をフル活用して「本当にそれを望んでいるのか」を感じてみる。実際に自分が望む状況を本当に具体的にイメージして、その後の暮らしまでイメージする。

ということで、まずは「豊かさ」の軸を決めること

その後、あなた自身の「豊かさ」の軸に合わないことを日常から省く。

●たとえば私なら、
テレビを見ない
あいたくない人に会わない
自分に嘘をついて行動しない(やりたいことだけする)

ということを実行した結果、24時間家族と一緒で、時間も自由で、気持ちのいい豊かな暮らしが実現しています。

面白いのは、冒頭でお話ししたように、
暮らしをスローダウンすると変化が加速する
結果、自分の想像を超えた面白い人生になる
ということが人生の神髄だということです。

昔の私が信じていた「頑張る神話」はすでに崩壊しています。あなた自身の人生を信じて、ぜひ豊かな暮らしにとびこんでください。

では、最後に今日の振り返りです

潜在意識は「今」を現実化する。
だから、努力や頑張りをやめて、望む暮らしや感情を「今」充実させるといい
そのためにまずは、自分の望む「豊かさ」を定義する
以上です。

お役に立てたら嬉しく思います。

最新情報をチェックしよう!