暮らしをビジネスに変えるための簡単なマインドセット3つ

真坂かな
こんにちは!
楽しみながら暮らしを豊かなビジネスに変える 真坂かなです

暮らしをビジネスに変えるために役立った簡単なマインドセット3つ

 

今日は暮らしをビジネスに変えるために役立った簡単なマインドセットを3つお伝えします。

1、雇われていては先がない

雇われるということはある程度の安定を意味しますが、時間を売っていることに変わりありません。

社員もバイトも、働いた時間=給料です。

バイトだと時間計算だし、社員だと月計算。

ですから、よほど歩合率が高い出来高制の仕事でないなら、収入はある程度の予想の範囲を超えません。

しかも、将来性を考えるなら自分でビジネスを起こしたほうが絶対に割はいい。

なぜなら、試行錯誤は自分のスキルと経験に直結するし、人生が格段に楽しくなるからです。

そして、自分の暮らしのためのお金を稼ぐことは、やってみれば思うほど難しいことじゃありません。

人生は、博打(ばくち)です

人生はばくちだ、ということは学校では教えてくれません。

でもよく考えてみると、生まれたときから博打みたいなものです。どの地域のどの親に生まれるか。どんな体でどんな性別に生まれるか。不確定要素だらけです。

学校だって、クラスメイトだって、隣の席だって、ばくちです。

就職なんて人生をかけた大博打です。

でも、大手企業に勤めたとしても、20年後にはどうなっているか分からない時代です。もう戦後の団塊世代の時代はとっくに終わっています。時代の変化は速く、大きいものにしがみついたからといって安定は得られない、面白い時代になりました。

どうせ博打なら、自分で自分に賭けてみるのが面白い。

失敗しても、負けることは絶対にないのが人生です。

そのためには、人生の責任を自分で持つだけです。

自分軸の考え方を身につけましょう。

2、ビジネスをはじめるのはとても簡単だと知る

ビジネスは思ったより簡単にはじめられます。

そして、大きな目標なんて持たなくても、生活のお金を稼ぐことはできます。

小さく始める仕組みもたくさんありますし、

大きなビジネスにして人を雇わなくても、

能力がある人の力を借りて、自分のビジネスをまわす方法もたくさんあります。

繰り返しますが、自分の暮らしのためのビジネスなら、大きな会社はいりません。

小さなビジネスで十分です。

3、失敗は素晴らしいこと

失敗が怖いのは慣れないうちです。

そして、自分のすごさをビジネスで証明したいと思っていると失敗が怖くなります。

失敗=ダメな自分 だと考えてしまうからです。

でも本当は、失敗=この方法はダメだった です。

自分に合わなかったのか、勉強が足りなかったのか、タイミングがずれたのか、原因はさまざまですが、ダメな方法だった、というだけのことです。

ビジネスの成功と失敗は自分の価値とは関係なく、やり方がまずかった、もしくは着眼点がまずかった、などときちんと理解できれば、失敗を恐れることはありません。

自分なんて何の価値もない、だけど、自分の暮らしをもっとよくするためにビジネスをする、この考えを身に着けてから、挑戦が怖くなくなりました。

人からの評価は、評価する人の問題です。同じことをした人を見ても、すごいと思う人もいれば、ダメだと思う人もいます。人からの悪い評価を恐れることはありません。

自分の経験は、それが失敗と呼ばれても、これからの自分の考え方や行動次第で次へのバネになります。決して無駄にはなりません。

 

以上の3つの考え方を身につけて、楽しみながら暮らしを豊かなビジネスに変えていきましょう!

 

真坂かな

考え方を変えれば、見える世界が変わる。
見える世界が変われば、行動が変わる。
行動が変われば、結果が変わる。

小さな暮らしのヒント、お届けします!
>秘密にできないほど美しくなる暮らし

秘密にできないほど美しくなる暮らし

思考と行動で自由で豊かな暮らしを実践する|真坂かな公式サイト

CTR IMG